ながた内科クリニック

居宅介護支援事務所いきいき
介護保険サービスの利用全般のサポート

在宅療養のご案内

高齢化社会到来に向け厚生労働省は介護保険制度を創設し2000年4月にスタートしました。この制度により高齢者が自宅で療養サービスを受けやすい制度が確立されました。しかし現実問題として医療側と介護事業所、また介護事業者同士との連携がスムーズにいかず多くの問題を抱えたまま現在にいたっております。自宅療養中の方々にとって病状の変化に迅速に対応することは重症化を防止することに非常に重要なことです。事業者同士のスムーズな連携は迅速な対応につながります。このようなスムーズな連携をめざし当事業所では訪問診療(医師)・訪問看護ステーション(看護師)・居宅介護支援(ケアマネージャー)の3部門を開所することにしました。毎週金曜日には全スタッフによるカンファレンスを開き、患者さんに関わる全ての情報、問題点の抽出、医師の治療方針などをスタッフが常に共通認識し患者さんと向き合えるよう努力しています。
また、自宅で療養されている患者さんやご家族にとって夜間や休日の不安に対し、医師を初め看護師やケアマネージャーなど全てのスタッフに24時間連絡がとれる全国でも数少ない体制を整えているクリニックです。
そして医師や看護師の訪問時には血圧や呼吸、意識状態、血液検査結果、治療方針などの情報をご家族の皆さんや他の事業所の方々とも持てるよう記録を残しています。このような様々な取り組みで皆様が安心して自宅で療養ができるよう私達は支援してまいります。

ながた訪問診療
寝たきりの方や通院が困難な方に医師がご自宅にお伺いして訪問診療を行います。
訪問看護いきいき
看護師が医師の指示のもとでご自宅に伺い、住み慣れた環境のなかで療養生活や心身機能の維持・回復を図るために、健康管理・看護処置などを行います。
居宅介護いきいき
ケアマネージャーがご自宅に伺って、介護保険を利用される方とご一緒にケアプランを作成します。ご本人や家族への相談、アドバイスなども行います。