ながた内科クリニック

居宅介護支援事務所いきいき
介護保険サービスの利用全般のサポート

疼痛緩和治療のご案内

当院では、神経ブロックによる疼痛緩和治療を行っています。五十肩、腱鞘炎、腰や膝の痛み、神経痛、筋肉痛、リウマチ性の痛みなどに。

トリガーポイント療法

テニス肘、ゴルフ肘、筋性疼痛、腰痛症など運動や過大な筋肉、腱の負荷によって生じた炎症性の痛みに局所麻酔剤の注入により痛みを取り去る治療法です。

神経ブロック

痛みの原因となる知覚神経線維や運動神経線維、交感神経線維の異常な緊張や興奮を取り除き、その神経が支配している領域の痛みを断ち切る治療法です。知覚神経線維がブロックされると患部の疼痛が緩和され、運動神経線維がブロックされると筋弛緩作用がもたらされ、交感神経がブロックされると末梢の血管が拡張し血行が改善されます。使用する薬剤は局所麻酔剤ですが、炎症反応が強い症例では抗炎症剤を加えて行ないます。

後頭神経ブロック

頭痛薬や消炎鎮痛剤で消失しない後頭神経痛による頭痛に対し、神経ブロックを行うことにより頭痛を取り去る治療法です。