リハビリテーション行為の具体的内容

※リハビリテーションは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が医師の指示のもと行います。

  • 身の回りの動作練習
  • えん下障害の評価、支援
  • コミュニケーション障害の評価、支援
  • 手足の運動
  • 呼吸リハビリテーション
  • 心疾患リハビリテーション
  • 生活動作練習
  • 高次脳機能障害への支援
  • 介助指導や生活環境向上への福祉用具等の提案
  • 趣味活動・社会参加への相談・提案や練習
  • 終末期医療を受けている方への支援

おおむね1時間程度の個別リハビリテーションを行います。

ご自宅にお伺いしてからの流れ

① 体調の確認
全身の状態観察、体温、血圧測定などを行いその日の体調を確認します。
② コンディショニング
動作をする前に臥床状態から、あるいはほとんど動いていない状態から痛みの少ない、力の入りやすい、動きやすい状態への準備をします。
③ 動作訓練
必要な筋力をつけて生活に必要な動作を練習し行いやすくします。ご自宅内外での行動範囲が広がるよう体力増進をはかります。
④ 精神機能支援
意欲的ないきいきとした生活が送れるように精神面の支援を行います。
⑤ ご家族への支援と提案
介助方法の指導や社会資源の提案など周辺機関と協力して行います。

訪問看護ステーションいきいき

訪問看護ステーションいきいきについて


看護士や理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がご自宅に伺い、心身機能の維持・回復を図るための健康管理・看護処置・リハビリテーション等を行います。

訪問看護サービスの詳細


訪問看護サービスは年齢に関係なくご利用できます。

訪問看護サービスへのお申込み


お申込みの際には「訪問看護新規申込書」に必要事項をご記入いただきます、また訪問看護サービスの利用には医師による訪問看護指示書の発行が必要になります。

適用保険(介護保険・医療保険)の違いについて


医療保険が適用されるか、介護保険が適用されるかは傷病名や要介護認定の有無等により決まります。

看護内容の詳細


看護行為の具体的内容です。

リハビリテーション内容の詳細


リハビリテーション行為の具体的内容です。

24時間対応体制


営業時間外の相談等をご希望の方は24時間対応サービスへのご契約をお勧めいたします。

医療機関・看護学校の方へ


退院後の在宅生活に看護師や理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の支援が必要な患者様がいらっしゃいましたら遠慮なくご紹介ください。

PAGE TOP