再掲載【号外】ほしぞら便り:グリーフケアに関するシンポジウム参加について


訪問看護ステーションいきいきでは、「グリーフサポート・グリーフケア」を行っております。


在宅での看取りやグリーフサポートなど、日々のあれこれについて、毎月いきいきナースが語るブログ「ほしぞら便り☆彡」。


こちらのブログは、毎月1回担当ナースが更新しています。


今回は、号外号です。


「グリーフサポートのご案内」を担当している、訪問看護ステーションいきいき看護師・ふちゅうのグリーフサポート代表・神藤が、今週末・11月11日(土)午後2時から、府中市市民活動センター「プラッツ」で行われるシンポジウムに、パネルディスカッションのパネリストとして参加します。

ご興味のある方は、下記ボタンの先のURLよりお申し込みください。


第12回市民協働推進シンポジウム「大切な人を亡くして、生きていくということ~グリーフケアで、つながるまちへ~」


以下の内容は、上記サイトからの抜粋です

大切な人との死別は、心や体にさまざまな変化をもたらします。
グリーフケアとは、そんな悲しみの中にある人に寄り添い、サポートをすること。
自分自身の辛い経験を経て支援活動をしている人たちから、私たちの住むまちで少しずつ広がっている、グリーフケアの輪について聞いてみませんか。

日時

令和5年11月11日(土曜日)午後2時から午後4時まで
注記:開場は午後1時30分から

会場

府中市市民活動センター「プラッツ」5階 バルトホール

定員

250名(申込先着順)

参加費

無料

内容

第1部 基調講演

テーマ:「なくしたものと、つながる生き方」
講師:尾角 光美 氏(「一般社団法人リヴオン」代表)

第2部 パネルディスカッション

テーマ:「グリーフケアで、つながるまちへ」
パネリスト:尾角 光美 氏
      小川 有閑 氏(大正大学地域構想研究所主幹研究員)
      神藤 有子 氏(「ふちゅうのグリーフサポート」代表)

関連記事

  1. 2023年7月号 ほしぞら便り:喪失に伴う記憶障害

    2023年7月号 ほしぞら便り:喪失に伴う記憶障害について

  2. ご遺族の集い「つきあかり」の後はどんな気持ち?

    2024年3月号 ほしぞら便り:切ないやりとり

  3. 訪問看護ステーションいきいきのグリーフサポート-1

    大切な人を亡くした方のわかちあい『つきあかり』のご案内

  4. グリーフサポートのご紹介

    2024年度のグリーフサポートについて

  5. 2023年12月号 ほしぞら便り:訪問看護の始め方~どこにきけばいいの?~

    2023年12月号 ほしぞら便り:訪問看護の始め方~どこにき…

  6. 【号外】ほしぞら便り:グリーフケアに関するシンポジウム参加に…

PAGE TOP